モデル撮影会
Japanese Only

モデル撮影会日記目次 Home(fc2) Home(coocan) 次ページ

モデル撮影会日記(1)

最終改訂:2002. 9. 4(前回:2001. 8.26)


2001年 8月 5日(日) 小野上温泉・水着撮影会

 2001. 8. 5(日)は小野上温泉にて行われた水着女性モデル撮影会に行ってきました。その時の様子です。

 朝起きると完全な曇りであったが,本日の新聞を見ると,曇りなのは東京地方だけらしい。いずれにしろ,雨が降っていないことから,モデル撮影会が実施されることだけは間違いなさそうなので,出かけることにする。もっとも,本日は「青春18切符」の消化(全5日分中の4日目。前回は会社の用で大船駅往復した際に, 700円位の損になるが,それでも消化しないで無駄にするよりもいいので,使用)も兼ねて,吾妻線・小野上温泉駅近くで行われる女性水着モデル撮影会に行くことにしたのだ。勿論,ここまで行って往復すれば,先日の大船駅までの損害はとり戻せる筈である。既にインターネット上のホームページにて,出演するモデルさんをチェックし,その中の1人がものすごく可愛らしいことは確認済みなのだ。後は写真と実物が大きく異なわないことだけを望むだけである。7月のレースクィーン水着撮影会の時のように写真と実物が全く異なるという詐欺みたいなこともあるからだ。

 家を7:05に出て,駅にて「青春18切符」にハンコを押してもらい,7:08発の山手線にて,7:17上野駅着。7:33発高崎行普通列車はロングシートの半分位を埋めた状態で発車するが,埼玉県に入るとほぼ埋まる。空は相変わらず雲で覆われており,それも次第に黒い雲は多くなる。北本駅を過ぎると,何と雨が降っている。ううん,これで撮影会は行われるのであろうか。幸いなことに雨は1駅程で止み,曇りのままではあったが,やや明るくはなる。9:20高崎駅に着く。9:42発大前行普通列車は入線するが,乗客を下ろした後,ドアが閉まり,列車は2分割される。そして,ドアが開いた3両編成の方のみ乗れる(9:30)。列車はかなりの人が立っている状態で発車する。本日は休日だから混んでいるのかどうかわからないが,これだけ乗っていれば大したものだと思う。車内にはカメラバックを持っている者がチラホラおり,私のように列車で来る者もいるようである。 10:24小野上温泉駅着。ここはどうやら委託駅のようで,オバサンが切符を回収しているが,私の場合はサッと見せるだけで出る。

 撮影会場は,駅を出て左(大前方面)に2分間ほど進んだ川縁のところで,そこのテントで会費2000円を払う。今のところ 100名位が参加しているようで,私のように東京から来ている者は10名以上いるようである。天気は曇りながら先程よりは明るくなっており,なまじっか直射日光があたるよりはいい感じである。しかしながら,しばらくすると空はやや青くなり,直射日光も射す状態となる。

 11時の開会式にて,本日のモデルさんが紹介される。インターネットに載っていた通りの4名であるが,危惧した通りに写真と実物とは印象が大きく異なる。特に期待していたモデルさんは写真と実物とは全く別の人ではと思う程である。どうやれば,インターネット上の写真と同様に可愛らしく撮れるのだか,全くわからない程である。まったくガッカリである。結局,この手の宣伝写真は見合い写真と同様なものなんだと無理に納得させる。逆に,インターネット上ではどうしようもなかった別なモデルさんはこれまた写真とは全く異なり,この4人の中ではもっともまともに見えるので,彼女を撮ることにする。4人の中では胸もあるし,顔ももっともまともであるからだ。後の2人は胸もあまりないので,私の写真撮影力では貧相にしか撮れそうもないので止める。しかしながら,いずれにしろ,この前の多摩川での水着撮影会の時ほど,積極的に撮る気はしない。

 ということで,全く期待していなかったモデルさんを中心に撮影するが,なぜか,彼女は正面の方からはあまり撮りたがられず,左右方向の方ばかり顔を向けているので,ひどく撮りにくい。その上,彼女が最も人気があり,他のモデルさん達の2倍程度のカメラマンが集まっており,これまた,邪魔になって撮りにくい。また,顔も笑った時はよくないし(歯並びが気になります),胸は豊かだが,ウエストには贅肉がかなりあるので,笑ってない時を狙って,胸を強調するポーズを主に撮影する(下の右側2枚)。そして,時々,期待していたモデルさんの方へ行ってそちらも撮るが,本当にカメラマンが少ない。なお,撮影場所は川べりなので,川の水や岩等を背景としている。

 結局,午前中に36枚撮りフィルムを4本消費し,デジカメで65枚撮影したので,本日は午後の撮影は止めて,これで終了とする。4本も撮影したので,これ以上,撮影してもしょうがないし,また, 12:40の高崎行普通列車を逃すと,次は 14:30となり,それだと家に着くのが17時頃となるためだ。午後の部も撮影してもよいのだが,あのモデルさんではあまり期待できないので,フィルム代と現像代が惜しいからだ。折角とっても,ゴミ箱に入れるものばかりではあまりにお金がもったいないからだ。

 ということで,午前中の撮影が終了(12:30) するとただちに小野上温泉駅に戻り,そこのベンチでカメラ等をザックにしまい, 12:40発高崎行普通列車に乗る(3両編成のボックス席がある車両だが,座席の 2/3程度が埋まっている状態)。13:25に高崎駅に着くので,13:30発の快速アーバン号上野行にて,赤羽駅14:53着。 これより埼京線経由で新宿に出て,ここより中央線にて中野駅に行き,フジヤカメラに寄ってから, 16:40に家に帰る。

 本日は行くだけで3時間もかかる小野上温泉まで行ったにもかかわらず,肝心のモデルさんは事前にインターネットのホームページ上に公開されている写真と大きく異なるというもので,午前中のみで終了しました。いくら人寄せのための写真とはいえ,最新の写真を載せて欲しいものだと思います。

 家に帰って,早速,デジカメで撮影した写真をチェックしましたが,やはり,気にいらない写真がほとんどだったので,午前中で帰って正解だったようです。



2001年 7月17日(日) 多摩川・水着撮影会

 2001年7月1日(日),約2年ぶりに,水着モデル撮影会に行ってきました。多摩川の関戸橋付近(京王線・中河原駅より徒歩5分)で行われた「2001年多摩川水着撮影会」です。本当は5月13日(日)に小田急向ケ丘遊園で行われた「第25回オール朝日フォトフェスティバル小田急向ケ丘遊園大撮影会」に行けば,水着モデルさんの写真も撮れたのでしょうが,往復葉書で予約していたにもかかわらず,ちょうどコンサート(勿論,クラシック音楽です)の日とかち合ってしまい,結局,コンサートの方を優先したために行かなかったということもあります。

 さて,当日は梅雨の間とは信じられない程のピーカンの天気となり,都内の気温も何と36度を越えたという状態で,写す方もモデルさんも汗びっしょりの状態での撮影会となりました。あ,撮影場所は,勿論,河原で,水辺か草が生えている場所を背景としてでした。なお,今回の撮影会は「'01 ロータスエリーゼ・レースクイーン」が3名(吉丘一美氏,神田佐和子氏,他)参加ということが売り文句だったのですが,パンフレットの写真とあまりに違うのに驚き,ううん,彼女達を撮影したカメラマンの腕の良さには感心しまいました。

 ということで,主に撮ったモデルさんは,職業は劇団員らしい「青柳有香子」さんです。午前中は青に白の水玉模様のビキニ,午後は,唇に朱色とグリスを塗って濡れたような唇で大人っぽい顔で,朱色の縁取りのビキニ姿でした。彼女は劇団で苦労しているのでしょうか,非常によい性格のようでした。その上,彼女は休憩時間には彼女の出演している演劇の切符(1枚4000円以上していました)を販売するという涙ぐましい努力をしていました。

イッターネット上にあった吉丘一美さん(左),神田佐和子さん(右)の写真。2人とも綺麗で魅力的ですね!!
私が主として撮った青柳有香子さんです


2000年 5月14日(日) 小田急向ケ丘遊園大撮影会

 2000. 5.14(日),久しぶりにモデル撮影会に行ってきました。前回が昨年の7月のホテルのプールでの水着撮影会だったので,約1年ぶりです。行ったのは「第24回オール朝日フォトフェスティバル小田急向ケ丘遊園大撮影会」というもので,この撮影会は,モデルとしてどこかの会社のキャンペーン・ガールが参加していることと,撮影指導として,有名な写真屋さんが付いていることで,今回も,モデルとしては,「'99 サントリー生ビールキャンペーンガール」と「第10回ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション」の2人が,また,写真屋さんとしては,秋山庄太郎,沢渡朔,一色一成,竹内敏信氏らが参加していました。

 ということで,開会は9:45ということからその約1時間前に向ケ丘遊園入口着いてしまったのですが,開園は9:00のため,入口付近のテントにて,撮影会の参加費1800円(入園料込み)を払っても入園できません(ここの入園料,以前は1700円位したと思いますが,今回行ったら何と値下がりして1000円になっていました)。そして9:00に入園し,ここは花で有名なところですので,待ち時間を花の撮影に費やしました。

 9:45から開会式があり,モデルさんと写真屋さんの紹介があり,14名のモデルさんの中から,「第10回ヤングジャンプ全国女子高校生制服コレクション」の「黒沢ゆう子」さんを撮影することにしました。

 ということで,10:00〜12:00と13:30〜14:35(本当は 15:00まででしたが,これだけ撮ればとのことで,止めました)に彼女の撮影をしたのですが,可愛らしい上に,元気で明るいし,性格はいいしで,実に撮りやすいモデルさんでした。服装は午前中は青のブラウスと黄色のスラックス,午後は橙色のワンピースで,いずれも彼女に似合っていました。当然,カメラマンも多く,大体は人の頭越しの顔のアップで撮らざるをえませんでした。

午前の部(デジカメ写真) 午後の部(デジカメ写真)

 なお,本日使ったカメラは「リコーの一眼レフボデイ:XR-1S」 と「ペンタックスのズームレンズ:80-200mmF4.5」です。本当はAEの XR-2Sを使用したかったのですが,先日の旅行の時に持って行った XR-1Sに撮り残しのフィルムが残っていたために, XR-1Sを使わざるをえませんでした。また,このため,自作のソフトレンズは使いませんでした(絞り固定なのでAEでないと使いにくいので)。また,念のために持参した「コシナの50mmF1.2」がなぜかEEが使えないので(絞りを動かしても,シャッター速度が変更するような指示とならない),こちらは大ショックでした。ううん,一体,何が悪いのでしょうか(後日,判明したところによると,どうも,レンズからカメラボデイ絞り値を伝える部分が少し短いようで, XR-1Sではダメでしたが,XR-1000SではOKでしたので,基準ギリギリのところに入っているというところなのでしょうか)。

 ということで,結局,本日はフィルムを5本半消費しました。また,デジカメの「東芝:PDR-2」では96枚です。



1999年7月4日(日) ホテル・ヘリテイジ・水着撮影会

 1999.7.4(日),久しぶりにモデル撮影会に行ってきました。撮影会に行ってもあまり私の趣味のモデルさんではないことが多かったことと,価格の点から,ここ数年間行ってなかったのですが,写真雑誌に載っていた撮影会が,その場所として「ホテルヘリテイジ」と書かれており,また,プールで行うとのことから,”水着撮影会か,海でやるわけではないので,しぶきや潮風のことを気にしなくていいし,また,「ホテルヘリテイジ」って,ベイエリアにあるのだろうから,行くのには楽だろう”と興味を持ったので,早速,インターネットのホームページを検索して,主催者の「東京写真連盟」を見て見ると,何と,そこはベイエイアではなく,東武東上線「森林公園」駅より更にバスで行ったところでした。しかしながら,そこに掲載されていたモデルさんが中々綺麗だったので,久しぶりに行くことにしたというわけです。ところが昨日までは梅雨の雨だったので,こりゃあダメだと行く用意は全くしていなかったのですが,本日,起きるとは何と晴れで,早速,行く準備をしたというわけです。

 ということで,バスが何時かわからなかったので,用心のために早目の朝8時に家を出て,池袋駅より東武東上線にて森林公園駅まで行ったら,ホテルヘリテイジに行く「四季温泉経由熊谷駅」行バスの発車は10:10というわけで,およそ50分間の待ち時間となってしまいました。そして,駅前にて待っていると,本日のモデルさんらしい女性達を連れた揃いの帽子をかぶった人達がきました。早速,そばに行き,モデルさんの品定めをしたところ,”日本人は私の趣味ではないなあ,異人さん達ははまあまあだが,それにしてもあのホームページに載っていたモデルさんはいないみたいだが,予定は変わったのか,残念だなあ”と思いました。そして,彼女達は勿論,バスではなく,タクシーと車で行ってしまいました。

 10:05ようやっとバスが着て,駅前で待っていた私を含めた40人程のカメラマン(私は小さなザックですが,ほとんどはカメラマン・バックを持っていました)が乗りました。しかしながら思ったほど混まず,少し立っている人がいる程度で,ああ,大抵の人は車で行くのだと思いました。15分間ほど乗って「四季温泉」(これで,「シキオンセン」ではなく,「トキオンセン」と読むのだそうですが,普通の人はそんな読み方ができるわけがありませんね)バス停に着くと,そこは大きなホテル,すなわち,そこが「ホテルヘリテイジ」の敷地内で,四季温泉=ホテルヘリテイジだったというわけです。しかしながら,勿論,いわゆる温泉ホテルではなく,普通のホテルです。

 係員に導かれてホテルとは反対側の建物内に行くと,会費2000円を払う場所があり,そして,進むとそこが屋外にあるプールでした。プール内は土足厳禁とのことで,持参しているビーチサンダルに履き替え(勿論,靴はザックに入れます),中に入り,カメラ等の撮影機材を取り出し,準備をしました。本日はリコーの一眼レフボディ:XR-2Sと自作のソフトフォーカスレンズ,そして,東芝のデジカメAllegretto PDR-2です。勿論,これ以外に,広角レンズの必要もあるかもしれないとのことで,シグマの 28-70mmF3.5-4.5のズームレンズも用意してあります。

 予定の11時よりやや前よりモデルさんの紹介が始まりました。今回の参加者は150名程度で,モデルさんは先程の日本人3名と異人さん2名の5名でしたので,人数的にはまあまあといったところでしょうか。しかしながら,日本人の3名は全く私の趣味ありませんでしたので(先程,ホームページに載っていた私の気にいったモデルさんは来ないのかと思っていましたが,プールの入口にはホームページに載っていたのと同じ写真があったので,3人のモデルさんの中に,私が気にいった人がいた筈なのですが,実際と写真とを比べるとあまりに違いすぎ,消去法により,多分,彼女がそうなのだなあと推測できる程度でした。すなわち,あの写真を撮った人は非常にうまい人なのだなあと感心しました)。

 異人さんの内の1人はカーロー・ヘヤ風の女性で,もう,一人が褐色の長い髪の肌が真っ白な白人で,彼女がもっとも私の趣味なので,彼女を撮影することにしました。「Your name?」と聞くと「エンジェル」(私にはそう聞こえましたが,つづりは「Assol Forbritch」とのことです)と言ったので,「Beautiful name」と言うとうれしそうに「Thank you」と答えてくれました。もっとも,後でわかったことですが,日本語はペラペラのようなので,わざわざ米語を使う必要はなかったのですが。彼女はロシアから来たとのことです。彼女は肌の色は真っ白ですが,ただし,胸の下の方はかなり大きな濃い色のシミが幾つもあるので,本日のようにビキニを着た場合は,全身の撮影はむいていないために,基本的に胸から上のアップで撮影することにしました。なお,背中にも結構,シミがあり,こちらもダメでした。

 この撮影会の参加者は日本人を撮影したい人の方が多いようで,異人さん2人を撮影していたのは各15名位でしたので,ゆったりと撮影することができました。その上,彼女は動くのが好きなようで,色々とポーズを撮るので,非常に撮りやすかったです(あ,勿論,この場合,自分の求めるポーズが撮れないとのこともありますが,小人数の撮影会ではないので,そこらへんは仕方がないことでしょう)。また,彼女の笑顔や横顔はジュリア・ロバーツ風という魅力的なもので,ともかく,シャッターをドンドンきりました。シュロの木や紫陽花の花,遠くの山々,あるいはプールの水等を背景にして撮影しました。ただ,残念だったのは彼女は異人にしては胸が大きくなく,日本人のモデルさんの方がかえって大きかったことです。ことため,できるだけ大きく見えるような水着を着ていましたが,それだと,返って胸が見えないので,あまりセクシーには見えませんでした。それでも,午前中に36枚撮フィルム6本を消費しました。

 瞬く間に午前の部の1.5時間は過ぎ,1時間の昼休みとなりました。軽く昼食をとり,持参したHP-100LXに今までの経過を入力していると,「それ,HP-200LXですか」と話しかけてくる人がいたので,「いいえ,HP-100LXです。HP-200LXも持っているのですが,これも使ってやらないと可哀だから,今日,持ってきたのです」というと,「私もWindows-CEのを持っているのですが,使い辛いので売り払ってしまいました」としばらく,HP-100/200LXの話をしました。

 午後は13:30から始まりました。しかしながら,今度の水着は先程の緑色のものとは異なり,ビキニとはいえ紺と白の地味なもので,残念ながら,先程より冴えない状態になりました。しかしながら彼女はひょうきんな性格のようで,帚にまたがって「魔女」だと言ったり,ゴムホースを体に巻きつけたり,あるいは,2丁の水鉄砲をかまえたりして大活躍でした(ここらへんは私の趣味ではなかったので,ほとんど撮影しませんでしたが,面白いといって,撮影している人も多かったです)。そして,午前中と同様に,シュロや紫陽花,遠くの山々を背景にした撮影をしたところで,持参したフィルム全て(8本)を使いきってしまいました(14:10)。 それで,後はデジカメがあるやということで,今まではソフトレンズ(望遠)による胸から上のアップばっかりでしたが(何枚かは,シグマのズームレンズレンズを使って広角で撮りましたが),デジカメにて,ほぼ全身像ばかりを撮りました(あまり近寄れないので,アップは無理ですので)。これも,ドンドン撮るので,14:40にはメモリに満杯の96枚撮影し,本日の撮影を終了としました。

午前の部(デジカメ写真) 午後の部(デジカメ写真)

 ということで,今回は非常に暑い日でしたが,フィルムを多量に使うという,非常に楽しく充実した日でした。いつも,撮影会でこの程度のモデルさんに会えるのならば,また,行くようになるのですが(今回の前の江の島での撮影会にも彼女は出演していたそうです)。東京写真連盟の次回の水着撮影会は8/29(日)の三浦半島の油壺海岸においてですので,名前の通りのエンジェルさんが出演するのでしたら,ぜひ,行きたいです。

 先程のバス停からの森林公園駅行バスは 15:10なので,それに乗り,森林公園駅15:40発の池袋行急行列車にて,池袋駅に16:41に戻りました。



モデル撮影会日記目次 Home(fc2) Home(coocan) 次ページ



inserted by FC2 system